2015年10月13日

【信用度についてチェック】

スプレッド面で気に入った口座が見つかったら、FX会社の信用力をチェックしましょう。自分の大切な資金をFX会社に預けて取引しますから、安心して取引するためには、その信用力をチェックするのは当然です。
しかし、いきなり信用力をチェックしようにもどんな点をチェックすればよいのかわからないでしょう。またまた紹介サイトを参考にして、基本的に以下の点を満たしている海外FX会社ならば取引しても大丈夫です。
*金融ライセンスを取得済みである
→海外FX口座比較まとめ(FX紹介サイト)では実際のライセンスの画像も確認させてくれるので非常に助かります。

*資金管理方法が安全である
→銀行分別管理もしくは信託保全している。

*追証なしゼロカット採用している
→国内FX会社口座で問題視されている相場急変時のすべりで追証が発生することを避けることができます。

◎投資家補償基金等に加盟していて、万が一倒産しても顧客資金が守られる
→たとえば、最大20,000ユーロまでの補償金でカバーされるといった顧客資金の保護に努めているFX会社であること。

【日本語サポート力があること】
よく英語ができないと取引が出来ないのではと誤解している方もいらっしゃいますが海外FX会社では日本語サポートがしっかりしているところもあります。中には見かけ倒しの会社もあるので注意が必要です。
日本語サポートの充実度としては、日本人スタッフ数、サポート時間やその方法などを確認しなければなりません。
そういったことに関してもFX紹介サイトを活用するのは便利です。
posted by 脱初心者 at 22:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

スプレッドの狭さ、信用力とサポート力で口座を選ぶ

前回、スプレッドの狭さ、信用力とサポート力を基準にしてFX口座を選択するべきと締めくくりましたが、今回はその辺のことについてお話をさせていただきましょう。
【狭スプレッドについて】
はじめになぜスプレッドの狭さを基準にするかを話しておきましょう。
FX取引は株式投資のように一度買ったらしばらく持ったままのようなものではなく、何度も売買を繰り返します。

スプレッドは取引手数料に当たります。

一昔前ではスプレッドではなく純然たる取引手数料がかかったのですが、近年では取引手数料の代わりにスプレッドを徴収するFX会社がほとんどとなっています。

取引回数が多くなればなるほど手数料も大きくなるため、できるだけ取引手数料たるスプレッドが安い口座を開設すべきなのです。

各FX会社の口座ごとにスプレッドをチェックするのは手間と時間がかかりますので、手っ取り早くチェックするためにFX紹介会社が提供するスプレッドまとめサイトを利用しましょう。「海外FX口座比較まとめ」でチェックしてみましょう。

しかし、スプレッドだけ判断して良いかというとそうではありません。

取引条件としてだけ見ればスプレッドの安い口座を開設すべきといえますが、実際の取引においては、FX会社の信用度も一緒にチェックしておかなければなりません。また、海外FX会社となると日本語でのサポート能力が備わっているのかといった面もチェックしなければなりません。その辺のことは以下で説明いたします。
posted by 脱初心者 at 22:33| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

口座は何を基準に選べばいいのか

まず初めにできることは、口座を改めることです。

ポイントとしては
・トレードスタイルを複数もつこと
・それに合わせた口座を開設していくこと
です。

例えば現在がUSD/JPYでデイトレードが主の人はGSD/USDなどでトレードしてみるのもいいですし、
更に短期のスキャルピングを試してみるのもいいでしょう。

また、現在日本のFX口座を使用している人はすぐに海外のFX口座を開設するといいでしょう。

そのようにしてまずはどういったトレードをこれから行っていくか、
というのを改めて考えてみるといいですね。
なるべくバリエーション豊かにしておくとリスクヘッジにもなります。

その後、そのトレードスタイルにあった口座を選んでいきます。
基本的にはスプレッドの狭さを基準に、信託保証やサポート面などから選んでいきます。
今すぐ海外FXのスプレッドを比較して口座開設!
posted by 脱初心者 at 13:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。